こども発達LABO.代表のむぎちょこが、神戸新聞社さんからの取材を受けました

こども発達LABO.代表のむぎちょこ(西村千織)が、所属する児童発達支援事業所「発達支援ゆず」で実践している、「発達障害児に対するオンラインレッスン」について、神戸新聞社さんからの取材を受けました。

現在、新型コロナウイルスの関係で、「療育に通いたくても通えない」というお子さんを対象とした、「オンライン相談・レッスン」を実践していますが、その目的、対象、具体的な方法などについて、記者さんのご質問にお答えしました。

オンラインレッスンは、マンツーマンのオンラインビデオチャットを使って行います。

お子さんへのレッスンだけでなく、保護者の方のお悩み相談などにも力を入れており、「子どもが楽しそうに取り組めた」「親の私も気持ちがホッとできた」など、多くのご利用者様から、ご好評をいただいています。

今後も、発達支援領域におけるオンラインレッスンの可能性について、考察と実践を重ねていきたいと思います。

掲載されましたら、改めてお知らせします。

なお、こども発達LABO.では、(現時点では)保護者の方の「ことばの発達の遅れに関するお悩みごと」について、オンライン相談室を実施しています。

お子さんの言葉の遅れにお悩みの方は、どうぞご利用ください。

発達相談事業(ことばの発達相談)