【お知らせ】神戸新聞WEBで新しい記事を書きました。いつも失敗→逃げる→自己肯定感の低下…「負のループ」を避ける褒め方は?【発達特性ある子の子育て】

こんにちは。こども発達LABO.のにしむらたけしです。

神戸新聞のWEBサイト「まいどなニュース」で新しい記事を書きました。

今回は、発達特性のあるお子さんを褒めるコツについてです。

 

「褒める」には、2つの方法があります。

一つは、結果を褒める、もう一つは、プロセスを褒める。

発達特性のあるお子さんの場合は、プロセスを褒めましょう!

というのが、今回の記事の主旨です。

自閉症スペクトラムなど発達障害のあるお子さんの場合、「自分に自信がない」「失敗が怖い」などの気持ちを強くもっていることが多くあります。

そのため、「結果を褒める」だと、上手く行かなかった場合に褒めてもらうことができず、それがまた自分の自信を失ってしまう、といった負のループに陥ってしまうことがあります。

 

しかし「プロセスを褒める」場合は、結果よりも「取り組んだこと」を褒めてもらえるので、結果がどうであれ「自分を認められる」という経験になり、子どもの自尊感情は保たれます。

 

発達特性のあるお子さんは、一般の方が思う以上に「敏感」である、ということを認識しておくと、褒め方の工夫につながります。

反対に言うと、「どうしてこれができないの?」や「頑張ればできるから、とにかく頑張りなさい」という声かけは、子どもの自信を余計に奪っている言葉かけだということに、多くの大人が気付いてあげることが大切です。

もちろんこれは、発達特性のあるお子さんだけでなく、どんなお子さんにも効果的な褒め方ですので、一度日常の生活の中で取り入れてみてくださいね。

 

「お父さんやお母さんから褒められること」は子どもの生きる力を育てるのですから。

 

これまでの記事一覧は以下のリンクから。

 

 

交流掲示板のご案内

こども発達LABO.では、発達が気になるお子さんや発達特性のあるお子さんを子育て中の保護者の方などが集い、気軽にお話ができるメンバー限定の掲示板をはじめました!

noteというプラットフォームで開催しています。

みんなで交流_発達掲示板(保護者も支援者も)

子どもの発達のこと、一人で悩まずみんなで共有しましょう!運営者も参加します!
(できること)
・メンバー限定の掲示板に参加できます。
・ 掲示板内で主宰者に質問できます。

月額課金制(コンビニコーヒー1杯分)ですが、メンバー限定だからこそ、色々な思いや悩みをシェアしていただけます。
こども発達LABO.のむぎちょことにしむらたけしも参加しています。私たちと一緒に話しませんか?

ご関心がある方は、下記のリンクからご参加くださいね。